La sorcière 〜あらゆるライフステージにおける身体の変化をサポートします〜

女性専門トレーナーが健康にお悩みがある方、ご病気がある方のためのトレーニングを指導します。大阪初戸建ジム!

朝食を抜いてはいけない本当の理由

 

最近の食育問題で

 

朝食を食べない子供が多いことが挙げられます。

 

共働きの家庭が増えているので

 

難しいということは安易に想像できますが

 

これの原因のひとつに

 

『自分が子供の頃から朝食を摂っていなくて

 

朝食の必要性がわからないから』

 

というのが根本にあると

 

私は考えています。

 

 

 

 

 

実際に、親が食べていないとその子供も

 

朝食を抜く傾向にあることが

 

研究からわかっているようです。

 

 

 

 

 

自分が子供の時から朝食を摂る習慣が

 

なかった人がその習慣のまま親になっているわけです。

 

現在、こんなに飽食の時代と言われているのに

 

戦後の食べ物が足りなかった時代より

 

栄養不足だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

食を重んじる時代から2世代くらい経った今、

 

⚫️食べたい時にいつでも食べられる

 

⚫️栄養価の高いものより安くてたくさん

 

⚫️美味しいと感じる味付けのものを選びがち

 

といったところでしょうか。

 

もちろん、食事の重要性がわかっている方も

 

いらっしゃるとは思いますが、

 

日本がそういう傾向にあることは

 

研究が証明してくれています。

 

 

 

 

 

 

私の甥っ子も、まだ2歳なのですが

 

食事の時間にしっかり食べないで

 

お腹が空いたらその都度もらう

 

という癖がついてしまっています。

 

 

 

 

 

 

 

食事自体もそうですが今回取り上げたいのは

 

特に、朝食。

 

 

 

 

 

 

先日の記事でも書きましたが

 

朝食を摂ることによって身体が朝だと認識します。

 

朝食を摂るまで身体はまだ、寝ているんです。

 

せっかく早起きしても

 

起きていないので、消費もあまり行われません。

 

そう、燃やしてくれないのです。

 

 

 

 

 

 

食事をすることによって

 

食誘発性熱産生といって

 

食事をするだけで燃やしてくれます。

 

食事をすると暑くなってきたことはありませんか?

 

あれです。

 

 

 

 

朝はコーヒーやヨーグルトで済ます

 

という方は多いですが

 

それだと頭も身体もしっかり働かないのです。

 

朝食が必要なことは、

 

いろんな研究ですでに証明されているので

 

省略しますが、寝ている間

 

6時間以上睡眠をとっている間

 

何も摂取していないので起きてすぐ

 

基本的には飢餓状態です。

 

体質や習慣によって朝は食欲が湧かない

 

と感じる方もいるかと思いますが、

 

身体の組織は基本的には飢餓状態です。

 

飢餓状態の時、何が起こっているかというと

 

エネルギーがないので

 

筋肉を分解してエネルギーにしています。

 

ここで脂肪をつかってくれれば嬉しいですが

 

残念ながらここで使われるのは脂肪じゃないんです。

 

だから、飢餓状態で活動するとどんどん

 

筋肉がエネルギーとして使われてしまいます。

 

 

 

 

 

 

そして、長らくの飢餓状態の末に

 

食事をすることで(朝食を抜いて、昼食がっつり)

 

身体は『次いつ摂取するかわからないから溜め込まないと!』

 

と、一気に溜め込もうとします。

 

溜め込む時、身体に残せる状態、それが脂肪です。

 

摂りすぎた栄養は

 

脂肪としてしか身体に留めておくことができません。

 

難民の子どもたちの写真をみたことはありますか?

 

栄養は足りないので手足は痩せ細っていますが

 

栄養を溜め込んでお腹はまんまるです。

 

かなり極端な例を挙げましたが

 

そういった状態になるんです。

 

 

 

だから、からだづくりの段階であろうがなかろうが

 

朝食を抜くことはどんどん

 

太りやすく痩せにくい身体にしていることになります。

 

 

 

 

私は食べなくてもどんどん痩せていくし大丈夫!

 

と思っていても

 

それは筋肉がどんどん落ちて、体重が軽なっているだけです。

 

朝食(もしくは昼食)を抜くと調子がいいと感じる方も

 

同じことです。

 

それはいつか頭打ちがきます。

 

⚫️落ちなくなってきた

 

⚫️お腹だけは痩せられない

 

⚫️だんだん体重が増えてきて自分では戻せない

 

⚫️体重はベストの時と同じなのに体系は明らか違う、、、

 

年齢のせいにしていませんか?

 

断言しますが、決して年齢のせいではありません。

 

 

 

 

 

こういった方はまず食事を見直す必要があります。

 

これは絶対です。

 

トレーニングの前に、まず

 

食事を見直さないと変われません。

 

 

 

 f:id:p3-aono:20170820073600j:image

 

 

食べることは生きること、ですから。

 

美味しく食べながら健康に。