La sorcière 〜あらゆるライフステージにおける身体の変化をサポートします〜

女性専門トレーナーが健康にお悩みがある方、ご病気がある方のためのトレーニングを指導します。大阪初戸建ジム!

今何歳ですか?と聞かれて、答えたくない理由

 

こんにちは!

 

Life-timeトレーナーの青野 栞です!

 

 

 

 

みなさんは、おいくつですか?

 

 

 

 

 

突然すぎましたね。笑

 

 

 

 

 

 

突然こう聞かれたら、何と答えますか?

 

 

 

 

 

『何歳やと思う?』←質問を質問で返す

 

『は?』←あきらかに不機嫌

 

『27歳!』←正直に言う

 

 

 

 

そもそも、年齢聞かれたくないですか?

 

 

 

『いきなり年齢を聞くなんて失礼!』

というのは、ごもっともですが置いといて。

 

 

 

 

 

年齢を言うのは、

 

知られるのは、

 

恥ずかしいですか?

 

それはなぜですか?

 

私は、年齢を隠す理由が、

 

わからなかったんです。

 

 

 

年取るの嫌やわあ。

 

って、よく聞きません?

 

ていうか、言っていません?

 

なぜですか?

 

だって老いは、努力次第で止められます。

 

 

 

 

私には、

 

この年齢で、こうあることが恥ずかしい

 

そんな風に聞こえます。

 

年齢に応じて、成長していれば、

 

何歳であったとしても

 

知られることは恥ずかしくないと思っています!

 

 

 

私はいつも、自分の基準ではありますが、

 

今、何歳。(現在 進んでいる時間)

 

今、ここにいる。(自分の目標に対する現在地)

 

成長してる?

 

どっかでとまってる?

 

こんなとこまできてた!

 

そう考えています。

 

 

 

ただ、年齢が恥ずかしいんじゃないですよね。

 

だって、年を重ねていても

 

素敵なひとって

 

いーーっぱいいるじゃないですか

 

だから、

 

それ相応でないから隠したいのかなって

 

思いました。

 

私は年を重ねることが楽しみです!

 

ノルマといったら聞こえが悪いですが、

 

今の時期は、ここにいなきゃ。

 

 

 

 

もちろん、一進一退です。

 

順調の じ の字もないときもあります。笑

 

泣いて泣いてボロボロの時もあります。

 

その経験を含めて、時間に対する現在地。

 

それが年齢だと思います。

 

 

 

いつまでも堂々と、

 

年齢を言える自分でいたいです。