La sorcière 〜あらゆるライフステージにおける身体の変化をサポートします〜

女性専門トレーナーが健康にお悩みがある方、ご病気がある方のためのトレーニングを指導します。大阪初戸建ジム!

活動内容のご案内

 

最近お問い合わせもたくさんいただくのですが

先日、父に「結局なにの仕事してるの?」と聞かれ

思っていた以上に自分が発信していないことに気づきました。

 

それで、具体的になにをしているのか書きます。

 

1 トレーニング指導(来店・訪問)

パーソナルトレーナーとしてマンツーマンでトレーニングの指導をしています。

メインは女性で、ペアでの参加なら男性も受け付けています。

ひとりひとりのからだに合わせた

レーニングをプロデュースできることが強みです。

膝痛の改善や頭痛の改善など、体調不良の改善を最も得意としています。

 

 

 

2 栄養指導(ネット)

主にボディメイクで来られる方には希望者のみ24時間体制での食事指導を行っています。

スポーツ栄養学学士の称号をもっていること

また上級食育指導士の資格も有していることから、

流行の栄養学ではなく、日本人の基本となる栄養学を基盤とし、

その方の必要に応じた食事法をオススメしています。

 

 

3 グループレッスン(訪問)

現在最もご要望の多いコースです。

単発でも行っており、公民館や公園でも行っています。

何人でも参加できるのでイベントのような感覚で簡単にできることが

選ばれる理由なのかなと思っています!

内容:健康体操(高齢者)

          ベビトレヨガ®︎(お母さんと2歳までのBaby)

          青空トレーニング(公園でトレーニング)など

 

 

4 ケア(来店)

レーニングの効果を最大限に引き出すために

リンパドレナージュリフレクソロジー、ボディケアの3メニューから

ご希望のものを施術しています。

※現在は会員のお客様のみご利用可能となっています。

 


5 ご相談(来店・ネット)

お身体にお悩みがある方の相談に無料でお答えしています。

初回の方にはトレーニングのアドバイスも行っています。

私ができる範囲を超えるものに関しては、私のお知り合いをご紹介することも行っています。

自分の力量を超えたり、専門外のところまで引き受けることはしていません。

私が紹介するのは、信頼できて安心して任せられる方のみです。

 

 

6 セミナーなど講演活動

一般の方を対象に健康・栄養をお伝えすべく

セミナーを開催しています。(本当にたまにです。)

依頼があればどこでも開催いたします。

先日は「糖質はわるものか?」というタイトルで

お話しさせていただきました。

 

 

以上が私のメインのお仕事です!

 

 

ほかにも慈善団体の運営・イベント企画

キャリア相談・起業相談及びマーケティングやプロモートなど

行なっていますが、まだまだ趣味程度のものばかり。

興味がありましたら書きますという程度です。

なんでも屋さんにならないように

自分に特化したものを伝えていきたいと考えています。

 

 

f:id:p3-aono:20180923165519j:image
f:id:p3-aono:20180923165521j:image

 

こちらは「Jr.アスリート育成講座」として

運動会に向けて、速く走る講座を単発で行った時のものです。

※小学生の指導は範囲外のため、外部講師に依頼しています。

 

 

一緒になにかしたい!や、うちで何かレッスンして!など

なんでも受け付けております♡

 

 

 

自分のからだと向き合う

 

先日まで、心理学について学んでいました。

これからもその分野は引き続き勉強をつづける中で

この9月から新たな学びを始めました。

 

1年中なにか新しい情報をアップデートしています。

今回は、全米ヨガアライアンスのRYT200講座を受講しています。

 

いま持っているトレーニングの知識とヨガを融合させて

親しみやすさと入りやすさを感じてもらい間口を広げること

もっとトレーニングのバリエーションを深めたい

という思いから、学びをスタートしました。

 

レーニングの知識は定期的にセミナーや

仲間との情報交換の中でアップデートできるけど

自分がいる世界と異なる業界の人と交流するためには

そこに飛び込むしかないと思い、

養成講座を選びました。

 

ヨガは苦手です。

ですが養成講座では理論や歴史も学べるので

これまで学んできたことの確認とブラッシュアップ

そして新たにヨガでの考え方を持つことができるので

指導に活かせることがいちばんの決め手です。

 

ずっと前からこの講座は気になっていたので

今!と思ったときが自分にとって必要なタイミングだと思って始めました。

 

講座を卒業するためには、正しいアーサナ(ポーズ)ができないといけないのですが

立位ひとつがこんなに難しくて、実は繊細なことは

きっとヨガの世界に足を踏み入れなかったら気づかなかったです。

 

その中で、改めて自分のからだを向き合ういい機会になっています。

朝と夜にヨガのプラクティスを入れるようになって

明らかに体調が良くなりました。

何より空気が今までより吸い込めるようになったことで

細胞の隅々まで活性化できるようになり

肌の調子がすこぶる良いのです。

 

まだ4日目ともあってアーサナとしてはそんなに難しいことはしていないです。

自宅でのプラクティスでは仰向けになった時も自分の胸椎は

何番目から接地しているのだろうとか

考えながら動くことで、今まで考えてこなかった領域まで

踏み込んで考え、動かすようになりました。

そして普段の生活の中で変な体勢をとった時の違和感に気づくことが

できるようにもなりました。

 

ウエイトトレーニングでは意識できない

深層筋まで感じることができたり

自分のからだと向き合う贅沢さまで

感じることができて、とても満足です!(まだ開講4日目。)

 

f:id:p3-aono:20180923160735j:image

 

この講座を無事卒業できた暁には

オーストラリアで単発のヨガレッスンをしようと思っています。

 

全25日の現在4日目が終了しています。

この講座に関しては、半年後の3月中旬まで行われます。

そのあとすぐにオーストラリアへ飛ぶ予定です。

 

ヨガのレッスンは何度か受けたことはありますが

ほとんど初心者のわたしが

果たしてレッスンできるようになるのか

その過程もどうかお楽しみください!

 

 

 

 

 

早く寝ないといけない夜になかなか寝付けない人へ

 

こんばんは。

 

明日は大事な会議がある!

 

早朝から出張で新幹線に乗らないといけない!

 

早起きしてトレーニングしたい!

 

 

 

 

 

次の日に向けてコンディションを

 

整えるためにいちばん重きをおくのが

 

そう、前の日に早く寝ることですよね!

 

 

 

 

明日、大事な用事がある!!!

 

そんな前日にあえて夜更かしする人はいないと思います。

 

しかし、早く寝ないと!寝ないと!!

 

という焦りからか、なかなか

 

寝付けないことってありませんか?

 

私も以前はありました!!

 

 

以前はというのは、実は3年前に克服したんです。

 

 

 

早く寝ないといけないときに、すること。

 

本当はこれだけではないのですが

 

最も大切なことを、今日はひとつだけ

 

お伝えしたといと思います!

 

 

 

 

早く寝ないといけないとき、

 

どんな状態ですか?

 

『寝ること』ばかり考えていますよね?

 

寝ないとー。。早く寝ないと!!!

 

そう思っても目は醒めるばかりか、

 

時計をみてさらに焦ります。笑

 

 

 

 

心が緊張きていますよね!

 

そのときのからだの状態はどうでしょうか?

 

 

 

 

 

そう、緊張しています!

 

 

 

 

眉間にシワも寄っているかもしれませんね!

 

そういうときは、力を抜くんです。

 

昔から、羊を数えるっていいますよね

 

あれは、本当に羊を数えるのではなく

 

別のことに意識を向け、

 

力を抜くことが目的なんです。

 

 

そうすると、次にすることは、そう

 

『力を抜きたい』

 

 

 

 

 

力を抜くためには、こんど抜こうとするのではなく

 

いったん力を入れるんです。

 

全身がちかちにするわけではありません。

 

その方法を簡単にお伝えしますね!

 

 

 

まず、意識内でできる限り力をぬきます。

 

肩にちから入ってないかな?

 

指はリラックスできているかな?

 

あたま左右にゆらゆらしてみたり

 

眉間にシワがないか、奥歯をかみしめていないか

 

ひとつずつチェックしていきます。

 

そして、5回ほど大きくゆーっくり深呼吸しましょう

 

(5回でなくてもいいので、

 

自分がリラックスできる回数しましょう)

 

↑これで寝られたら、万々歳ですね。笑

 

そういう方もいらっしゃいます!

 

 

 

そのあと、片足ずつ、10秒もちあげて

 

すとんっと力を抜いておとします。

 

反対も。

 

終わったら、手をぎゅっと握って

 

ふわっと離します

 

ぴーんっとひらいてふわっと抜くのでも

 

いいです

 

 

 

 

ここまできたら、わかりますよね!

 

力を抜くためには、いっかい力を入れるんです。

 

 

 

この力を入れている間、呼吸は深呼吸のまま

 

出来るだけながーく、ふかーく。

 

思いつく限りの力をいれて抜くことなら

 

何でもいいんです。

 

とっても小さく歌詞のない好きな音楽を

 

流しながら行うのもいいですね(^^)

 

ラベンダーやオレンジスウィート、

 

イランイランなどのリラックスできる

 

香りのアロマをたいてもいいですね♡

 

 

 

ひとつ注意点をあげるなら、

 

ランニングや、思いっきりの腹筋運動などは

 

脳が熱くなりすぎて、また興奮してしまうので

 

控えた方がいいです。

 

(筋肉をつけやすくしたいという目的の場合は

 

この限りではありませんが、

 

そのハナシはまたの機会に(^^))

 

 

 

 

これでだめな方はあんまりいないですが、

 

「ちょっとそれでも寝られないんだけどーっ!」

 

というお声があったら、他にも

 

できることがあるので

 

また書きたいと思います(^^)

 

 

 

明日から、ゴールデンウイーク後半ですね!

 

みなさん、素敵な休日をお過ごしください♡

 

 

f:id:p3-aono:20180502221129j:image

 

写真は、公私ともにお世話になっている、

 

大好きなケーキやさんのシェフから

 

直々に教わるお菓子作り教室にて♡

 

 

 

「そんなの無理だよ」って言う人

 

 

誰かが夢を語ったら

 

「そんなの 無理だよ」って

 

言う人がびっくりするほど多い。

 

 

 

 

あほなこと言うてるなー!って

 

思うことはあるけど、

 

その心は、

 

こいつおもろいこと考えつくなー!

 

っていうことやん!

 

自分にない視点をもってるってことやから

 

尊敬できるよね笑

 

 

 

 

絶対自分もあほやなー思われてるし

 

逆にそういう発想が大事なんやと思う。

 

 

 

 

だからあたしは「絶対無理やん」

 

とか、絶っっ対ひとに言わない。

 

 

 

 

誰かからこんなんしたいねんけどって

 

相談されることもめっちゃあるんやけど、

 

逆にポジティブすぎて

 

「いや、いけるって!やってみようや!」

 

「おもろそうやん!応援するよ!」

 

って言うけど

 

逆に本人の方がびびってまうことの方が多い。

 

(根拠なくテキトーに言うてるわけやなくて、

 

勝算があるときや、

 

自分が手伝えるときに言います)

 

 

それやのに

 

自分で自分に蓋して

 

自分には無理

 

ここまでしかやれない

 

って返ってくる。

 

 

 

そう思うのは全然勝手やけど

 

やりたいって言い出すってことは、

 

ちょっとでも動きはじめてるってことは

 

やりたいことのはずやのに

 

なんでやる前から無理と思ってるん?

 

って思う!

 

 

 

 

やりたいことがあるなら、

 

「そんなん絶対無理!」って

 

言う人に

 

「あなたには無理ね!私にはできる!」

 

って笑いかけてあげたらいいと思う!

 

あたしは口には出さずともそう思ってる。

 

 

 

あたしだってトレーナー向いてないって

 

いっっっぱい言われてきてる。

 

最近でもこんなに結果出してたって

 

全然言われる!

 

けど、それを決めるのは他人じゃない。

 

自分。

 

やし、そう言う人は、

 

進んで欲しくないからやで、絶対。

 

 

 

 

あたしのトレーナー人生が終わるとき

 

それはあたしが諦めたとき。

 

もしくは納得してやめた時。

 

 

 

自分の人生、人に決めさせない。

 

ださくてもいいねん。

 

失敗したっていいねん。

 

ほんまの仲間は笑ったりせんから!

 

ださーく、泥臭ーく、

 

やり続けたら、

 

失敗もいつか成功に繋がるから!

 

 

 

悩んでたら、とりあえずやってみて!

 

壁にぶちあたったら、そのときは相談してよ!

 

絶対プラスのコトバかけてあげる!

 

人生楽しんだモン勝ち!

 

f:id:p3-aono:20180401235117j:image

 

 

 

安全なお産にしたい、だからこそトレー二ングを勧めます

1年前のおはなし

 

妹の2度目の出産の時

 

23:00過ぎに陣痛が始まったとの連絡を受けてすぐ

 

バイクを飛ばしました。

 

 

 

 

寝ぼけていたのと焦りすぎて

 

なぜか遠回りの道を選んだことも謎なのですが、

 

着替えた時に何を思ったのかバレーのときに使う

 

膝サポーターをつけていったのは

 

今でも笑い話です。笑

 

ほんと、何を考えてそうしたのか

 

あの時の自分に聞いてみたいです。笑

 

 

 

 

 

 

あれから、ちょうど1年が経ちました。

 

それで思い出したことがあったので

 

あの時の想いをここに残しておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

あの時の妹のお産は、とてもスムースでした。

 

妹自身、日頃から食事に気をつけ、

 

自ら運動を心がけていたことがとても大きいです。

 

 

 

 

 

1度目のお産のときも立ち会わせてもらったので

 

その時の壮絶さを覚えているから

 

覚悟はしていました。

 

 

 

 

 

陣痛室に同席させてもらい、

 

陣痛の波がきたら陣痛緩和のツボ押しと、

 

お産の進行を良くするために運動を勧められていたので

 

妊娠後期に案内するトレーニングを

 

陣痛の波がおさまった合間に頑張りながらながら

 

赤ちゃんの通り道ができるのを待ちました。

 

 

 

 

 

 

次に看護師さんが来た時にはすでに全開で

 

急いで分娩室に移動したのも束の間。

 

3いきみほどで唸る間もなく

 

出産に至りました。

 

 

 

 

 

 

そこからが壮絶だったのですが、

 

今回はそれは割愛します。

 

気になる方は過去の記事をどうぞ。

 

 

 

 

 

陣痛の痛みがあるからお母さんになれる

 

そういう声もあっていいかもしれませんが

 

痛みに強い、弱い、

 

また、陣痛の激しさにも個人差があるものなのではないかと

 

考えています。

 

無痛分娩をお勧めしているわけでもありませんが

 

親族にトレーナーがいれば

 

こういうトレーナーの使い方(活用の仕方)も

 

アリなのではないかなと思います。

 

 

 

 

 

出産はシビアなものなので病院によっては旦那さん以外

 

入室禁止などもあるので

 

その場合は仕方ありませんが、

 

妹のお産した病院はきちんと管理がされている中でも

 

本人の意向を尊重してくださる病院だったので

 

このような形が取れました。

 

 

 

 

 

 

また妹がお産をする時があれば、

 

その時も本人が望むならサポートしたいと思っています。

 

何より、命の誕生に立ち会えるなんて

 

素晴らしいことですからね。

 

 

 

 

 

そんな私はというと、妹の壮絶な出産を目の当たりにして

 

ビビっております。笑

 

でも、赤ちゃんを授かるのは奇跡ですから

 

待ち遠しくもあったりまします。

 

 

 

 

 

 

この時に、健康的なお産には

 

食事管理だけでなく、安全なトレーニングが必要なんだなと

 

強く実感しました。

 

 

 

こういうサービスが当然な世界になればいいなと思うから

 

信じてサービスを届けていきます。

 

 

 f:id:p3-aono:20180127170333j:image

 

p.s. そのとき元気に生まれて来た赤ちゃんは

 

いまではこんなことされていますが笑

 

あなたの誕生にあなたのママと私がとても喜んだことを

 

いつか教えてあげたいです。

 

お誕生日、おめでとう♡

 

 

 

 

 

 

自信がないのにトレーナーを名乗るな

 

最近来られたお客様に、

 

過去にトレーナーをつけてトレーニングしたことがあるのに

  

偏った知識を持っておられた方がいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

それは、なぜか。

 

 

 

 

とても驚いたのですが、

 

トレーナーに質問したら怒られるから

 

聞けなかったそうです。

 

だから自分で考えて自分で解決する。

 

トレーニング自体は上手くなるけど

 

知識的にはトレーナーをつけていないときと

 

大して変わらない。

 

 

 

 

 

 

これを聞いた時、信じられませんでした。

 

 

 

 

 

トレーナーは、教育分野だと思っています。

 

教育なんて言うと偉そうに聞こえますが、

 

一生サポートするのではなく、

 

自分のからだを知って自分のからだに詳しくなったら

 

トレーナーの元を離れていってもらわないといけません。

 

そういう意味では教育分野だと思っています。

 

 

 

 

 

 

万人のからだを知るより

 

何年もつきあっている自分のからだに詳しくなるのは

 

そんなに難しいことではありません。

 

専門家のもと、自分のからだに向き合う時間を

しっかりとりさえすれば、ですが。

 

それも、何年もかかることはないんです。

 

 

 

 

 

スタートが60代など高齢からのスタートで

 

かかりつけ医のような形でホームトレーナーとして

 

半永久的におからだを見させていただいている

 

お客様もいらっしゃいますが、

 

そんな方は一握りだと思います。

 

 

 

 

一般的な多くは、からだを変えて、

 

自分で自分のからだの調整、管理ができるようになれば

 

自立していかれます。

 

トレーナーを一生つけるって

 

現実的じゃないですよね。

 

一緒におからだ見させてもらっている間は

 

どんな質問も丁寧にお答えする、

 

その時間を大切にして未来に生かす、

 

そういうもだと思っています。

 

 

 

 

話を戻しますが、

 

質問したら機嫌が悪くなったり

 

めんどくさそうにしたり

 

そんな対応はあり得ないです。

 

 

 

 

 

そういう態度を取る理由として考えられるのは

 

『自信がないから』です。

 

 

 

 

 

自信がないから質問して欲しくないし、

 

答えに自信がないから

 

聞いて来られないような態度を取るんです。

 

同じトレーナーとして、最低だと思います。

 

(言い方きつくてすみません)

 

 

 

 

 

 

お客様のからだに真摯に向き合えていないし、

 

トレーナーとしての大半の職務を放棄している行為です。

 

トレーニングをみて、フォーム修正したり

 

カウントを数えることがトレーナーの

 

メインの仕事ではないです。

 

もっと根底の部分、そのお客様に真摯に向き合うこと

 

そこだと思っています。

 

 

 

 

トレーナーとして自分さえ生き残ればいいと思っていません。

 

けど、このパーソナルトレーナーという仕事を

 

もっと敷居の高い仕事にしたいし、

 

そうであってほしいし

 

資格もない(勉強もしてない)のに

 

自分のからだをつくれただけで

 

トレーナーを名乗らないで欲しいです。

 

(勉強しているが資格の必要性を感じておらず持っていない人は別)

 

日々学んでいないから質問されて困るんです。

 

 

 

 

 

自分のからだを作れることはもちろん

 

とてもすごいことだし、お客様のモチベーションにも

 

なるのでそこを否定しているわけではなく、

 

トレーナーとして、そのお客様のおからだを、

 

人生を背負う覚悟をもって指導にあたって欲しいです。

 

 

 

 

 

先述したようなトレーナーにあたってしまって

 

質問するのが怖くなってしまった

 

質問するものではないと思い込まされてしまった

 

お客様が不憫で声を上げずには

 

いられませんでした。

 

 

 

 

えらっそーなこと書きましたが、

 

自分の戒めのためにも、ここに残しておきたいと思います。

 

f:id:p3-aono:20180127164927j:image

 

 

 

 

 

トレーナーは、青野さんじゃなくて誰でもいいの?

 

先日書いた記事のなかの

 

『私でなくてもいいので

 

トレーナーをつけてください』という文面を見て

 

こういった質問が寄せられました。

 

 

 

 

 

 

 

「青野さんじゃなくていいの?」

 

 

 

 f:id:p3-aono:20170822001036j:image

 

 

 

 

なんとお答えするか迷ったのですが

 

自分の中で答えが出たので

 

その思いを書き留めておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

結論から言うと

 

私じゃなくて良いです。

 

パーソナルトレーニングジム自体もそうですが

 

それこそ、いろんなトレーナーがいます。

 

 

 

 

 

 

トレーナーによって得意とすることも

 

対象も異なると思うので

 

「青野さんじゃなくていい」

 

というより

 

「自分に合うトレーナーがいい」

 

と認識してもらえたらいいと思います。

 

アジリティトレーニング指導が得意なトレーナー

 

ストレングスコンディショニングが得意なトレーナー

 

ウエイトリフティングが得意なトレーナー

 

ヨガ指導が得意なトレーナー

 

ベストボディなどの大会に向けたボディメイクが

 

得意なトレーナー

 

私のように、比較的一般の方向けの個々に合わせた

 

パーソナルトレーニング指導が得意なトレーナー

 

など。

 

 

 

 

 

今のところ、ミスマッチが起こることもなく

 

ご依頼頂いたお客様すべて

 

私が見させていただける方ばかりなので

 

お断りしたことはありませんが、

 

自分の専門外の依頼が来たら

 

私はお断りすると決めています。

 

専門家だったら当然なのはないかと思います。

 

お医者さんでも、専門外だったら

 

紹介状を書いて、他を案内し

 

ご自分では診ないはずです。

 

そういうものだと思っています。

 

 

 

 

 

「来たお客さんすべて受けた方がいいのでは?」

 

 

 

 

 

 

と考える方もいらっしゃるかと思いますが、

 

自分の専門外のお客様を

 

お受けしてしまって

 

万が一結果が出なかったら。。。

 

考えただけで恐ろしいです。

 

お客様は貴重な時間と大事なお金を

 

費やしているのに

 

結果が出ないと、ショックですよね。

 

ショックというか、ありえないですよね。

 

トレーナー自身だって得はありません。

 

このトレーナーは結果が出ないと

 

評判が下がります。

 

これでは誰も幸せにならないですよね。

 

お受けするからには責任が生じます。

 

お客様を実験台にして自分の経験値を増やそう!

 

なんて、お金をいただくのにもってのほかです。

 

 

 

 

 

 

だからと言って、せっかくご縁があって

 

来て頂いたお客様を自分の専門でないからと

 

お帰りいただくこともしたくないです。

 

 

 

 

 

 

トレーナー業界は狭いです。

 

同じ業界の研究もしています。

 

他のお店で何か動きがあったっ時のために

 

アンテナを張っています。

 

だから他のジムにも詳しいんです。

 

それなら、その方のニーズの合う

 

ジムを紹介するのがいいんじゃないかと考えています。

 

確かに、そんなことをしても

 

直接的に私の得にはなりません。

 

でも、私がお受けできないんだから、

 

お断りしたお客様は

 

また自分で自分に合うトレーナー探しを

 

しなければならなくなる・・・

 

 

 

 

 

 

だったらせめて勇気をだして

 

私のところに来てくださった

 

お客様だけでも幸せになってほしいです。

 

 

 

 

 

自分に合うトレーナー探しって

 

なかなか時間も労力もかかるし、

 

今の日本にとって

 

普通に生きていくには後回しでもいい存在です。

 

 

 

 

 

「もういいか」もしくは

 

「今じゃなくていいか」

 

となってしまい兼ねません。

 

せっかく、やろう!という気になったのに。

 

 

 

 

 

どのトレーナーも日本を元気にしたい!

 

みんなに健康になってほしい!という

 

根本のところは同じはずです。

 

ただ、得意とすることが違うので、

 

【その方に合った】というところが

 

重要になってくるわけです。

 

 

 

 

 

だから、お客様が求めているものを持っている

 

トレーナーに紹介することで

 

ひとりでも幸せになる人がひとりでも増えれば

 

実際に自分が指導に当たらなくても

 

ひとり幸せにすることと同じですね!!!

 

 

 

 

 

 

だから、自分に合うトレーナーなら

 

私じゃなくてもいいんです。

 

その、合うトレーナーというのが私なら、

 

私にお身体を預けてもらえるなら、

 

それが1番嬉しいですけどね!